買取方法の他、買取全般のご案内をいたします。

高値買取のポイント

新しく買い換えたい、使わないから売ってしまいたい等、お品物を手放す理由はいろいろですが、少しでも高く売りたいというお考えになるのは当然のことですし、お気に入りのお品であれば尚のことです。そこで、買取る立場の側から「お客様の方でこうしていただけたら査定がアップする」という高値買取のポイントをリストアップいたしました。

お品物の状態を、お客様ご自身で詳しく把握しましょう

当社に限らず多くの楽器店やリサイクルショップでは、需要状態以外に、主にメーカーや製品名と製造年、お品物の状態によって買取金額を決定いたします。少しでも高くお売り頂くためには、お売りになりたい品物の状態を、買い取る側に理解してもらう必要があります。まずはお客様ご自身で、お品物の状態を正しく把握する事が重要となります。

主な確認ポイント

  • 新品か中古か
  • メーカー名
  • 製品名・型番
  • 製造年
  • お買い上げになられた時期
  • 正常動作するか否か
  • 外見のキズや破損等はないか
  • 付属品の有無や欠品
  • 保証期間残の有無、保証書への記入の有無
製造年の記載がない場合は、お買い上げになられた年をお知らせください。

綺麗にクリーニングしましょう

誰であっても、汚れたものと綺麗にクリーニングされたものでは、綺麗なものの方が良い印象を持つはずです。当社では、リユース商品として販売する前に、隅々までクリーニングを施しております。お客様ご自身で綺麗にクリーニングをしていただければ、当社の手間が省ける分、汚れたものよりも高く買取らせていただきます。

宅配買取時の輸送トラブルに気をつけましょう

輸送時に品物が破損しないよう厳重に包装をお願いいたします。特に以下の点をご留意ください。緩衝材を外箱との間に挟むなど、衝撃が伝わりにくくなるようにしてください。
  • ギターやベース、弦楽器、管楽器等をハードケースに入れてお送りいただく場合、本体とケースの間にあそびがある状態ですと、搬送中に大きく動いてしまい、その衝撃でネックのヘッド部分(特にネックに角度のあるもの)を破損してしまう場合があります。ですので新聞紙やエアーキャップなどを詰めて、ボディ部分をしっかり固定してください。ネックヘッドの部分は、なにも詰めずに空間を確保したままにしてください。
  • ギターやベースなどケースなし、もしくはソフトケースのままでは、宅配会社は引き受けてくれません。必ずソフトケースの上からダンボールで梱包してください。この際、ネックのヘッドに負担がかからないよう、エアキャップなどでネックピローの代用にしてください。
  • ギターやベースの指板(フィンガーボード)やフレットに傷がつきますと、査定額が大幅に下がるか、場合によっては買取できなくなってしまいます。弦を張ったままでしたら、弦と指板の間にダンボールなどを挟むなどしてください。
  • 商品本体の止めやケーブル類を束ねる際、紙ガムテープは、糊が剥がれなくなりますのでお使いにならないで下さい。
当店では、サイズに制限はございますが、梱包資材を負担サービスを行っております。詳細はこちらをご覧ください。

「売る」決断は、早ければ早いほどお得です

ギター、ベース、アンプ、弦楽器、管楽器などは、必ずしも発売年の新しいものが価値ある訳ではなく、ビンテージとして価値のあるものも多くあります。ですが、長らく使用せず、人の手が入っていないお品は劣化の進行も早く、いくらビンテージであっても、その価値は下がってしまいます。お使いにならなくなった、もしくは手放したいと思われたら、すぐにエイブイにご相談ください。また、MIDI関連機器の一部は、デジタル家電と同じく商品開発サイクルの早いものもあるため、その場合に目安として、基本的に製造から5年以内のものが買取対象となる場合があります。

また、メーカー保障期間の残っているものであれば、保証期間が終了したものよりも高値で買取ることができます。そのようなことから、早め早めにご決断頂くことが、高値買取の重要なポイントとなります。

新品購入時から、買い替えを前提にした使い方をする

  • こまめにをメーカー推奨のメンテナンスをする習慣をつけましょう。
  • 説明書など付属品を一緒に保管しましょう。
  • 直射日光の当たる場所や湿度の高い場所、結露が発生しやすい外壁に近い場所や窓際に設置しないようにしましょう。
東京都公安委員会第304409601054号